台湾だより

中国語力0で台湾移住。好きなことして生きていく。ゆるっと生活記録。

就労VISA延長〜目標〜

大家好!8月になりました、みなさんいかがお過ごしですか?とてつもなく暑い夏がやってきました。日本も歴史的酷暑が続いているようですね…水分補給、食事、睡眠、運動…健康的な生活を心がけましょう。先日、2022年7月31日に期限の切れる就労VISAを3年延長するため、移民署に行ってきました。初めてのソロ手続きデビュー、無事に更新成功です。とは言っても、手続きに必要な書類の準備は同僚がしてくれました。大感謝です。これで2025年7月31日まで台湾生活が続けられそうです。というわけで、今回は直近の目標を記録したいと思います。

 

➀中国語の能力試験を受ける
TOCFLという中国語能力テスト受験を申し込みました。テストは9月3日に実施されます。自分の中国語力を正確にチェックするとともに、台湾でコンビニのバイトができるとされている高階級(B2)をクリアしたいと思っています。あと1カ月、コツコツとできることを積み重ねます。なんだか学生時代に戻ったみたいで少しワクワクします。テストが若干好きみたいです。自分の力を測ることは、勉強するモチベーションになりますね。

f:id:naganu_taiwan:20220801195712p:image

②台湾で体操競技の大会に出場する
10月中旬に行われる全国競技体操錦標賽に出場しようと意気込んでいます(笑)。去年から、学校組織に所属しない外国人も大会にエントリーできるようになりました。去年は、選手の帯同をしつつ、自分も試合に出るなんて…できる気がしないとうじうじしていました。今年はなんだか、ラストチャンスな気がするのです…年々体が動かなくなっています(笑)。せっかく台湾にいるし、台湾の試合を経験して損はないと思います。さらに、せっかくなら、練習を積んで少しでも素敵な演技ができたらいいなと思います。

そんなところでございます。今回は小さな目標を発表させていただきました。もう少し言えば、更新後のVISAが手元に届き次第、バイクの免許も取りに行きたい…です。(これが一番生活に直結する)やりたいことがあるのはいいことですね(笑)。それではまた、9月2日にお会いしましょう(^^)/再見。

台湾で一人暮らし中の私がコロナに感染した話

大家好!!7月になりました、みなさんいかがお過ごしですか?なんと現在、6月6日。前倒しでブログを準備しています。というのも…ついに、コロナウィルスに感染してしまいました。せっかくなら、症状ややるべきことの手順を記録しておこうと思いました。そう、本日から7日家から出ることができません。普段家から一歩も出ない一日はないので、なんだか新鮮です。それでは、時系列で地域の感染状況、体調、やるべきことを記録します。

■4月中旬:台湾国内の感染者が500人を超える
・日常生活は特に変化なし。
・中学生・高校生の全国大会が延期になる(ワクチン接種状況の関係)翌週の大学生・社会人の全国大会は予定通り開催。
■5月:月初国内感染者約17000人、月末約80000人
・私の職場では、運動中にもマスク着用を子供たちに推奨。
・小学校・中学校・高校でもパラパラ感染者が出る。感染者の前後左右の席の生徒は隔離対象。
・5月下旬職場の選手、コーチが感染する。感染者発生後3日間は仕事がリモートになる。
・いよいよコロナが迫ってきた…いつ自分が感染しても不思議じゃない状況。
・5月上旬の時点で、感染症関係の保険に入っておくべきだった。
・コロナ検査簡易キッドは2-3個常備しておくべきだった。
・私自身の体調は問題なし
・2-3日外出しなくても生きていける分の水・食料は備蓄しておくべきだった
■6月:月初国内感染者約88000人。ついに私自身が感染…(今ココ)
【6月1-4日】:喉に違和感があり、疲れやすいと感じた。出勤時の検温は問題なし。体調が気になったので、風邪薬を服用。
【6月5日】:夜中から体が重くて、だるい。めまい、喉痛、頭痛、2-3回吐き気あり。朝起きると、38.1度。飲み水がなくなるピンチに見舞われる。ふらふらして、外出できそうにない。近くに住む台湾の友人に連絡。彼女は、気を利かせてお願いした水以外に、ベーグル、ベビーカステラ、インスタント麺、水素水、検査キッドを玄関前まで持ってきてくれた。本当に助かった~。
・ある程度の現金は所持しておくべき。この時、所持金が200元(1000円に満たない)
・体調不良を同僚に報告→検査キッド陽性を同僚に報告→同僚が仕事関係の連絡・報告を請け負ってくれる→この日は日曜日だったため、救急で診察を受けるか、翌日診療所に行くかの2択→後者を選択(まっすぐ歩く自信がなかった、まずATMに行かないとお金ない)
・仕事で接した子供たちは濃厚接触者にあたるため、6/5~6/7の3日間自主管理期間となり、体育館への入館禁止。
【6月6日】:ATMでお金をおろす。3日分程度の水、食料を購入。
・診療所へ行く。前日の簡易キッド陽性は無効のため、もう一度検査をしなくてはいけない。
・診療所までの道で検査キッドを買うため、2件薬局に寄った。(本来簡易キッドは自宅に2~3回分常備しておくべき。まだ診断を受けていないものの、感染してから隔離すべき状況で、買い物に行くべきではない。)1件目、完売。2件目、健康保険証の下1桁が奇数の人は月水金、偶数の人は火木土の曜日限定で購入可能。運悪く購入できなかった。2件目の薬局の店員さんに健康保険証を渡すと、「日本人ですか?」とすごくフランクに話してくれたので、ラッキーと思って、「今から診療所にコロナの診断を受けに行くのだけど…昨日陽性が出ちゃって、今日もう一回検査しなきゃいけないって聞いて。この近くで購入できる薬局ある?」と聞いてみると、「診療所に絶対あるから、買わなくていいよ~直接行きなさい。」とのこと。本来は、自分で当日検査したものを持参すべきだそう。もっと言えば、オンライン診察も受けられるそうだ。まさか自分が感染すると思ってなかった自分の甘さを反省し、自分の行動が他人を感染の危険にさらすことを重くとらえるべきだと思った。
・診療所到着:なんとかコロナ感染疑惑であることをカタコトで伝える。基本データの記入。診察料100元(約440円)を払う。検査キッドに名前と日付を記入。
・診察:お医者さんが両鼻、喉に細い綿棒を突っ込む。5分と経たず、陽性判明。そのあと身長体重血圧チェック、アレルギーの確認をされ、診察終了。風邪薬と痛み止めを出してもらった。初めて台湾で処方された飲み薬は、とてもカラフル。日本の「これを1錠、これは2錠飲んでください」という形ではなく、1回に飲む薬がすでにまとまっている状態。写真を見てもらえれば、伝わるでしょうか。f:id:naganu_taiwan:20220625202317j:image
・陽性反応がでた検査キッドと健康保険証を写真に撮る。(本来はこの写真がある状態で診療所に行くべきらしい)
・お医者さんが地域の衛生局に通知
・19時ごろ衛生局より、電子版隔離通知書がSMSで届く
・大家さんに感染したことを報告
・朝玄米粥、お昼ベーグル、夜インスタントラーメン ちょっとジャンキーな食事をした
・ひたすら眠いので、お昼頃と夕方に1時間くらいずつ睡眠、0時半就寝

-----------ここから生活の記録------------

【6月7日】:朝7時半に目が覚めたが、なんだか無気力。体温36.2度。二度寝して12時起床。
・お昼ベーグルと枝豆、おやつ玄米粥、夜インスタントラーメン
・15時頃 衛生局から電話 どんなビザで台湾に滞在しているか、職業に関して質問された。つたない中国語だが、一応会話ができてほっとした。
・逆立ちしてみた、ウクレレも弾いてみた、思いのほか元気。
・夜、日本の友人と3時間電話をした。
【6月8日】:特に変化なく、無気力。お昼、夕方にうとうとして、1~2時間睡眠。
・朝玄米粥+枝豆、お昼インスタントラーメン+ゆで卵、夜玄米粥
・夜、日本の友人と1時間半電話した
・近所に住む友人に、「明日、お水と食べ物を持ってきて」とお願いした(何が食べたいか思い浮かばない…)
【6月9日】:体調回復傾向。朝玄米粥を数日分炊いた。今日は少し運動しようかなという気持ちになっている朝。
・お昼頃、友人が水・食料を持ってきてくれる
・大家さんと連絡が取れた(診療所とラインでやり取りをするため、名前をフルネームに変更したため、大家さんは別人と勘違い…)大家さんがとっても優しくて、安心した
・食欲が出てきた
・同僚が運動マットを持ってきてくれた、大家さんが玄関から私の部屋の前まで運んでくれた
・30分間のフィットネスをしたら、久しぶりに滝のような汗をかいて、元気が出てきた
【6月10日】:喉の違和感以外は、問題なし。朝からヨガをして、読書をした。
・隔離中の時間をうまく使いたいと思いつつ、やる気が出ない
・ごはん、お昼寝、YouTube鑑賞、夕方睡眠、運動、入浴、ご飯、就寝(パンダになった気分…)
【6月11日】:大体前日と同じような生活。お昼に友人がミニトマト・パイナップル・ブドウを持ってきてくれた。大学時代に出会った大親友と電話で話して元気が出た。
【6月12日】:中国語力テストTOCFLの勉強を2時間くらい。自分が受けるべきレベルと目標点数が明確になった。ゴロゴロしすぎて早1週間。社会復帰に不安を覚える。
【6月13日】:隔離最終日‼ゴロゴロ+TOCFLの過去問。夕方運動!ついに明日外出できる。
【6月14日~6月20日】:自主健康管理期間=人込みへの外出を控える。外出時にマスクを外さない(外食の禁止)。公共交通機関の利用、出勤が許される。
・体力の衰えに驚きを隠せない。普通に生活(特に運動をしていない)しただけで全身が筋肉痛になった
・6/16(木)本格的な運動再開。体重が1.5kg減っていた。ふわふわして、力が入りにくく、動きにくい。
・肌荒れが限界突破、疲れやすいのに夜よく眠れない(寝つきが悪い、2~3時間ごとに目覚める、早朝に目覚めてしまう)
・テイクアウトに限るが、食べたいものを買いに行けて幸せ
・食欲大爆発(韓国料理とお寿司が食べたくて、買いに行った)、味が濃いものを食べたくなる
・6/19(日)1カ月半ぶりの登山に行った。いつものコースを難なく登り切った。下山後、5kmサイクリングした。余力◎(笑)
【6月21日】:外食解禁(とはいえ、感染後は免疫力が低下しているため、あまり良くない)
大好きなベトナム料理屋さんで野菜もりもり豚肉カレープレートを食べた。6/17に友人のお店に届いた日本からの船便(約30kg)の荷ほどき、頼まれた友人たちに渡しに行く作業を頑張った。
【6月23日】1週間前に感じていた睡眠に関する違和感がだんだんなくなってきた。
【6月25日】感染前と同様の運動量をこなせた。なんだかおしゃれをして、外出したくなった(コロナと関係あるだろうか)。まだ友人とご飯の約束をするには抵抗があるため、一人でケーキを食べに行った。1カ月ぶりにメイクをした(コロナと関係ない笑)。

----------------------------------------------

【結論】コロナになると1~2日は結構つらい。感染力が強いからこそ、他人に感染させる可能性をできるだけ低くできるように、食料・水・検査キッドの備蓄、感染した時に取るべき行動の予習をしておくべき。感染から3週間で、体力面・精神面ともに元の状態に回復した。隔離期間に食料を準備して、運んでくれた友人、部屋の前まで運んでくれた大家さん、つまらない隔離生活中に長電話で元気づけてくれた友人・母、私の体調を気にかけてくれた友人の皆さんに感謝。f:id:naganu_taiwan:20220625202410j:image
f:id:naganu_taiwan:20220625202416j:image

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また8月2日にお会いしましょう(^^)/再見。

ひとやすみ

大家好!6月になりました。みなさんいかがお過ごしですか?5月上旬から梅雨に入り、週に3~4日は雨が降り、カラッと晴れる日が貴重に感じる季節になりました。雨が降ると、気温は少し下がるので、扇風機だけでなんとか暑さをしのげます。先週末、図書館のような自習室のような施設を利用して、読書に没頭しました。エアコンが効いて、静かで周りの人も仕事や勉強をしている…大学受験を思い出しました(笑)。戻りたくない…もう一度あんなに頑張れる気がしない。そんなことはさておき、台湾生活史上、最も集中できる場所を見つけました。Wi-Fiがないから、スマホをいじらなくなるのもいいなと思いました。スマホって、永遠に触ってしまう…ドラマを見たり、YouTubeを見たり、ショッピングしたり、インスタグラムを見たり、目的がなくてもついつい触ってしまいます…そんな時は、登山に行くか、自習室に行こうと思った先週末なのでした。かれこれ語学学校に行かなくなって、3カ月…まあ午前中暇~。こんなにゆったり、過ごしていいのか不安になりつつ、前回紹介したコーチングを継続、5月に入ってから、会社員時代のつてでお話しをいただき、中学1年生の床の振り付けをすることになりました。と立ち止まってはいない模様。ただ時間があるなら何をしようか、何ができるか、何をしたいかよく考えたいところです。さて、今回は!と本題に入りたいところですが、今特に記録しておきたい!ことがありません…。おなじみのひとやすみです…(笑)。最近の嬉しかったことをつらつらと書きます。

➀お友達が頼りにしてくれる~

昨年5月の記事で紹介したブランチのお店を営む友人。彼女は、私がいつお店に顔を出しても、美味しいご飯を作ってくれます。さらに、生活で困ったこと、ちょっとしたおしゃべりなど、何でも話せるし、力になってくれます。本当に心からありがたい。そんな彼女のお店は土日に繁盛するため、土日は彼女のお母さまがお店の手伝いに来られます。5月中旬、彼女のお母さまが白内障の手術を受けました。手術から2週間は、安静ということで、代打で私がお手伝いすることにしました。「のん、おばあちゃんが手術する週と翌週の土日、手伝いに来てくれる?」「もちろん~、安心して私が手伝うよ~。」こんなやり取りです。初めて本格的なお店のお手伝い。いつも頼りっぱなしなので、頼りにしてもらえたことが嬉しかった。私の担当は、飲み物(混ぜない系)の準備、ゆで卵の殻むき、ピーナッツトースト・チョコクリームトーストのトースター番人、ヨーグルトを容器に入れてはちみつを加える、火のもと番人、食器洗い。おおげさに言って、こんな感じです(笑)。

②台湾で3度目の誕生日を迎えた~

台湾生活2年半。台湾には、誕生日を盛大に祝う文化があります。職場でも、ケーキを用意していただき、写真を撮って、ケーキを食べました。夜には、仕事終わりの姉たちがサプライズで家まで来てくれました。今年のサプライズは「豆花(台湾のデザート)を間違えて、作りすぎちゃったから今から持っていくね~」。誕生日だし、そんなミスないだろうとちょっと勘ぐりつつ、玄関まで行くと、花束、ケーキ、プレゼントをくれました。準備してくれたことも嬉しいですし、驚かそう喜ばそうとしてくれたことが嬉しいです。毎年いい思い出をいただいています。一生大切にしたい姉と台湾で出会えたことに感謝です。台湾にいるから?好きなことをしているから?年を取ったから?はっきりとした理由は不明ですが、とにかく時間が経つのが速いです。直近の2カ月、ほとんど知らぬ間に時間が経っています。ということで、27歳の目標は「大切な人を大切に。大切な時間を大切に。」です。引き続き、ゆるっと頑張っていきたいと思います。f:id:naganu_taiwan:20220602092248j:image

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また7月2日にお会いしましょう(^^)/再見。

近況報告〜お仕事編〜

大家好!5月になりました。みなさんいかがお過ごしですか?こちら台湾南部は、最高気温32度最低気温22度、真夏のような天気です。昼間は、冷房なしでは過ごせません。今月で台湾生活歴2年4カ月になります。日本の社会人生活は1年9カ月で転職、移住したので、台湾での勤続年数の方が長くなったということです。もう台湾3年目か…実感がありません(笑)。最近、大学時代の先輩からコーチングを受ける機会があって、自分の人生について考えてみました。
※今回受けた「コーチング」=対話を通して自分の価値観や思考パターンに気付き、行動・意識の変化を促すもの
ぼんやりとのんびり生きている私に、人生を考えるきっかけをくれる人が周りにいるということが本当に幸せだなと。どう考えても、私の周りの人達は素敵すぎる。つくづく運が良い。運自慢はこのくらいに。今回は、お仕事に関する変化を記録します。

1.担当する選手の変更
2022年2月から小学校2年生1人、3年生5人、4年生4人、6年生2人、計12人を担当することになった。2020年に台湾に来てから、当時小学4年~6年生の選手を7~8人担当していた。当時の4年生1人が現在担当している6年生。ちょっとややこしい(笑)。簡単に言うと、台湾に来た当初担当させてもらっていた選手は1人を除き、私の担当ではなくなった。そして、今年2月から新たに2~4年生10人を担当することになった。伝わるかな…。数年後自分でこの記録を見返したとき、解読できるだろうか。担当選手の変更に関して、現時点での思いをまとめておく。
➀台湾の体操の一番の問題点だと思っている、体操練習歴の浅い選手の練習プログラム、基礎トレーニングに関われる→台湾に来た当初感じていた「お、明らかに数年前からの練習方法・考え方が間違っているぞ」の数年前の段階の選手のコーチになれた。
②新たに担当することになった選手は、やる気満々。体格・性格・能力、すべてにおいて粒ぞろい。

2.パートナーコーチの変更
ここでは、一緒に練習メニューを考えて、一緒に選手を担当するコーチをパートナーコーチとする…。というのも、この体操施設のコーチ組織には、各組に主コーチ、副コーチという肩書が存在していて、私はそのどちらでもない。いわゆるサポートコーチ。ゆえにお給料も最低限だ。(ポロリと本音が出てしまった。)そんなことはさておき、パートナーコーチがBOSSのご婦人から、若手の男性に変わった。パートナーコーチの変更に関して、現時点での思いをまとめておく。
➀練習メニュー考案・計画:どちらのコーチも大差なく、どちらのコーチにもそこまで熱意を感じられない。若手男性コーチには、ガツガツ意見が言えるので、ガツガツ採用してもらえる。
②勤務態度:若手男性コーチは、補助ができるかつ練習中に魂不在(電話・スマホいじり・お手洗い休憩が異常に長いなど)の時間がほとんどない。これはありがたい。(台湾歴2年ちょいで勤務態度のハードル爆下がり怒)
③つくづく思うのは、台湾のコーチは、継続・習慣化が苦手。基礎的な姿勢が教えられない。トレーニングの目的が不明確。選手の躓きポイントへの考察ができない。これに関しては、各選手・各動作の分析・欠落要素・改善方法検討、この3つの概念がない。もしくは考えが浅い。偉そうに言って、数年後この記録を見て、恥ずかしくなるのかな。ひとまず、今の思いを素直に記録しておく。

3.私自身の変化
3月下旬、大学の先輩からコーチングを受けるというチャンスをいただいた。私のモヤモヤの原因は、仕事・給料・評価・やりがい…にあるのかもしれないという発見を得た。その発見から、「これさえあれば、誰でも体操を教えられるというような、年間計画・各学年の年間目標・週間練習メニューの作成」を課題として設定した。3月30日課題完成。その日中にパートナーコーチに協力してもらい、中国語版を作成。中国語版作成段階で内容の共有。3月31日から作成した練習メニューを実行。課題を自分で設定することによって、こんなにもトントンと物事が進むのか!と驚いた。体操について考えることに楽しさすら覚える。全く苦じゃない。天職なのか?と思った…。自分のやるべきことが明確になり、安心感があり、やってやるぞと思った。この課題の完成により、担当する選手が12人になったことによる複雑さを緩和。補助ができるコーチとパートナーになったことの有効活用ができるようになった。すごくいい時期にすごくいい機会をくださったさおりさん、ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。

4月上旬から台湾でもコロナが再流行…特に厳しい警戒態勢になることはなく、ウィルスと共存?の方針で、特に変わりなく生活しています。果たして、日本に帰れる日は来るのでしょうか。今のところ、すぐさま絶対に帰らなければいけないほどのことはないので、問題はありません。ぜひ、家族・友人の皆様、健康に安全に過ごしてください。それでは、また6月2日にお会いしましょう(^^)/再見。

 

 

 

 

 

 

台南グルメ with台湾の姉

大家好~4月になりました(^^)/皆さん、いかがお過ごしですか?4月と言えば、新生活、お花見、花粉症…の季節でしょうか。台湾の4月はどれもピンときません(笑)。台湾では、新学期は9月スタート、お花見は1年中できるし、花粉症の症状がでない天国です。3月16日現在、台湾南部は最低気温21度、最高気温31度。もうすでに夏のような天気です。台湾に来て2年2カ月、3回目の夏を迎えようとしています。2年2カ月も日本に帰れないなんて…こんなにも長い期間家族に会えないなんて、想像もしていませんでした。絶賛ホームシックです。去年も3月にこんな気持ちになりました。ホームシックになって気づいたことが1つあります。私、どんどん台湾人ぽくなっている!というのも、台湾では思ったことをストレートに口に出すことに違和感がありません。もちろん他人の気持ちを慮ったうえで。去年はホームシックになっても、中国語では口に出さず、母や日本の友人とたくさん電話をして、解決しました。なんと今年は、バシバシ中国語で、「はあ~ママに会いたい~日本に帰りたい~。」自分の心情を口に出して言うことに抵抗がなくなりました。なんだかもうすっかり台湾に住み慣れたようです。私が台湾生活を楽しめているのは、間違いなく台湾家族のおかげです。今回は、台湾でできた友人(家族構成としては双子の姉)との台南旅行で堪能したグルメを紹介します。

 

➀吐司吐司早餐専賣店

ここでは毎回、マッシュポテトとチーズの蛋餅(台湾定番の朝ご飯)を注文。

↓超好吃(超おいしい~)f:id:naganu_taiwan:20220325213620j:image

 

 

②小北家灶咖ZAOKA

緑に囲まれて、こだわりの詰まったブランチ、ドリンクをゆったりと楽しめる。予約ができないので、記名して並ぶ。私たちはお寺に行ったり、写真を撮ったりして、40分程度入店を待ちました。f:id:naganu_taiwan:20220326173216j:image

 

③清水堂

フルーツもりもり、プリンが乗って、写真映りのよいかき氷。f:id:naganu_taiwan:20220326173240j:image

 

④蜷尾家甘味處散歩甜食

美味しいソフトクリーム。写真はほうじ茶ソフト。f:id:naganu_taiwan:20220326173311j:image

 

⑤PEKOPEKO

美味しいおしゃれなモーニング・ランチがいただけるカフェ。ラインで予約できる。予約しないと、平日でも30分~1時間待つ。シナモンロールが美味しい。 f:id:naganu_taiwan:20220326173348j:image

 

以上、台南のおすすめグルメを紹介しました。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。では、また5月にお会いしましょう(^^)/再見。

3回目の春節~新年快樂~

大家好!3月になりました。皆さん、いかがお過ごしですか?こちら台湾、今年の冬は天気がなんだか変です。ダウンコートが必要なほど寒い日があると、次の日は真夏のような天気。「アイスクリームが食べたい」と思った翌日は、「お鍋が食べたい」。2月に入って、2週間はもう夏?というくらい暑くて、コート不要、昼間は半袖短パンで過ごせました。3週目に入ると、日中でも20度を超えず肌寒い日が続きました。とはいえ、台湾南部には暖房設備がありません。暖房なしで過ごせる程度の寒さです。日本で雪が降ったというニュースを見るたびに、日本の冬を越す自信がなくなりました。今年の年末は極寒の日本に帰れるといいな。私はもう2年2カ月日本に帰れていません。1月31日~2月5日、私は台湾で3回目の旧正月(春節)を過ごしました。今回は、2022年の春節の過ごし方を振り返ります。

1/31 除夕:大晦日
今年の大みそかは、語学学校のクラスメートのお宅で家族団らんに仲間入りさせていただきました。彼女のお父様は日本人、お母様は台湾人、親戚の方々総勢12名と年夜飯と呼ばれるご馳走をいただきました。友人、友人のご両親、私は日本語で会話しました。久しぶりの日本語を話しながらの食事に、ほっこり温かい気持ちになると同時に、家族の行事に参加させてもらえることがとても嬉しかったです。お母様、親戚の方々が、お時間をかけて用意してくださったご馳走は、海鮮鍋、お刺身、焼き魚、ホタテのバター焼き、カラスミ、野菜炒め、ビーフン。海鮮鍋には、アワビ、イカ、ハマグリ、サケ、エビが入っていました。食べきれなかった分は、袋に入れてお持ち帰りするのが台湾の文化。私もお鍋、焼き魚、ホタテをお持ち帰りさせてもらいました。みなさん本当にありがとうございました。

f:id:naganu_taiwan:20220226194014j:image

2/1 春節:元旦
台湾では、元旦の午前中はのんびり何もしないのが習わしのようです。わたしは登山に行きたかった。それはそれはもうすごく行きたかった。ですが、コロナの広がり、帰省の時期で人が大移動することを考えて、電車は乗るべきでないと判断しました。部屋掃除、読書、日本のドラマを一気に見て、YouTubeのトレーニング45分。おうち時間を過ごしていたら、友人がおばあちゃんのお家で夕飯を食べようと誘ってくれました。おばあちゃんが、天ぷら、エビ、丸鶏のスープなどを、作ってくれました。美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。友人、ご家族の皆さん、ありがとうございました。

f:id:naganu_taiwan:20220226194029j:image

2/2-2/5 : 初二-初六
春節期間も自主練習をしたいという選手がちらほら。午前中は選手と一緒に運動、午後は友人の飲食店をお手伝い、帰宅後は日本の友人と長電話、という感じでゆっくりのんびりと過ごしました。

 

去年に比べると、外出の少ない春節期間でした。友人のおかげで、家族のあたたかさ、手料理のありがたさを感じて、幸せな気持ちになりました。大好きな人に囲まれて、素敵なお休みを過ごせました。日本の家族や友人にも早く会いたいです。どうか皆さん、ご健康でいてください。さて、今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。では、また4月にお会いしましょう(^^)/再見。

最近思うこと【台湾満2年】

大家好!!2月になりました。皆さん、いかがお過ごしですか?こちら台湾、1月22日現在、徐々に寒さが緩み、過ごしやすい天気が続いています。シェアハウスから一人暮らしへ生活がガラッと変わった昨年末。一カ月経って、思うこと。それは、一人暮らし最高。(笑)毎日セレブ気分。お風呂にいつ何時間入ってもいいし、洗濯も気を使わない。シェアハウスの時は、何とも思っていなかったけど、今の生活が心地よすぎて、他人との共同生活って大変だと改めて感じました。さあ、今月は何を記録しようかなと…今回は「外国人労働者のモヤモヤ」と「友人のお心遣いに感謝あふれる食生活」の2本立てにします。お時間ある方、お付き合いの程よろしくお願いします。


➀外国人労働者のモヤモヤ

お気楽な私がなぜモヤモヤしているか。引っ越しのために物件探しをしていた昨年末。ある日、大家さんに電話で見学を申し込むと、「あなた外国人?外国人には部屋を貸せないのよね。」ぶちっ。心へにょり(笑)。二回目にこう言われたときは、「学校施設で体操のコーチをしていて、安定した給料があります」と猛アピールをして解決。
さらなるもやっと出来事をぼやきます。なんだか仕事の上の人が強調して言うこと:「日本人コーチは、ユニフォームの発注、試合の申し込み、費用の申請、学校施設のやり取りができないから。コーチング以外の仕事がないから。」練習後、選手全員の保護者が迎えに来るまで待機。私は他コーチがやっている選手を学校から体育館へ連れてくる業務をしていないから、この待機という作業が私のお仕事となった。これ、別にいいですけど、保護者と連絡取れませんけど?保護者がどうしてもお迎えに来られないとき、子供を家まで送れませんけど?(自転車出勤、自動車免許なし)人選合っていますか?まあ、いいですけど(笑)。
昨年末のイベントの際には、「このイベントを成功させないと、来年の資金繰り(コーチの給料)が厳しくなる。だから子供たちを怒って、怒鳴ってでも日本語の演目を成功させないと。あなたは、子供たちの扱い方を学ばないと。」業務内容・給料などの決められた条件の上、台湾で働くという契約をした私の耳に、“給料支給への不安”を入れるべきでないのでは?それにわたし、子供たちに怒る・怒鳴る行為を極力したくないので。子供たちにとって、体操・日本語は怒られながらやるべきことなのでしょうか。図々しく私は言いました。「そんな状況であれば、コーチング以外の雑務もできる、厳格な台湾人の働き手を募集したらどうですか?」と。私は、仕事・給料がなければ、VISA申請ができず、台湾滞在権がありません。そういう立場のわたしに、言うべきこととそうでないことがあると思います。最後には「こういう話をあなたにするべきではなかった。」とおっしゃっていました。次回から、ぜひ発言する前に気づいていただけると、大変助かります。まあ、いいですけど(笑)。どんなにもやっとしても、まあいいですけど(笑)と思えるのには、理由があります。②へ。


②友人のお心遣いに感謝あふれる食生活

わたしはとても運がいいです。引っ越し後の部屋には、キッチンがありません。炊飯器・電子レンジ・冷蔵庫はあります。炊飯器で玄米を炊いて、卵をゆでる。それを冷蔵庫で保存する。電子レンジで再加熱。朝ご飯は、玄米・納豆・ゆで卵。これが、今現在最大限の料理です(笑)。「手料理が食べたい!!!家庭料理が食べたい!!!」運のいい私には、お料理上手な友人がいます。昨年5月の記事で紹介した友人です。昨年5~6月頃から、“まかない”のようにご飯を食べさせてくれます。そのありがたいごはんがこちらです。

f:id:naganu_taiwan:20220202162026j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161618j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161611j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161614j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161552j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161555j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161549j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161606j:image
f:id:naganu_taiwan:20220202161603j:image

初めてメニュー以外のお食事をさせてもらったとき、「お会計いくらですか?」ときくと、「私たちが食べるついでだからいらないよ~。」と。2回目の時は、「いらないって~この前言ったでしょう?」。3回目の時は、「もうわからない人ね、もうあなたは普通のお客さんじゃないのよ~。」と。これ以降、私はお金を払うことを諦めました。週末はお出かけに連れて行ってくれます。何でも相談できるありがたい友人です。私は彼女の考え方が大好きです。
➀そのままの自分でいることが大事
②我慢をしない、良いことも嫌な思いも口に出して言う
③なんでも面白がる
④好きなことをやめない
こんな素晴らしい友人と出会えた台湾。もう仕事のもやっとなんてどうでもいいです。やっぱり私は運がいいです。

今回は、ぼやかせていただき、友人自慢をさせていただきました。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。それではまた、3月2日にお会いしましょう(^^)/再見。